私の車中泊スタイル★車中泊の原点

16121401.jpg




















私の車中泊の原点とは・・・










もちろん旅!










16歳で初一人旅北海道へ出発してから



もう病みつきとなり北海道病となり



断腸の思いで北海道を封印してしまった私・・・(笑)



若すぎたのね・・・(笑)










13歳で目覚めて本気で打ち込んでいたモノがあったので



忙しすぎるしお金はないしというパターン










でも



私の中の虫が治まるハズもなく



北海道は封印したまま



19歳からは海外バックパッカーちっくな旅を始めて



ぼちぼち続けていたのだ



そして



2000年からはダフィーと暮らす日々が始まる










楽しみながらの悪戦苦闘の末



よう~やく訓練の成果が見えてきたのは



3年後の2003年頃



週末になるといそいそと出かけていって



ダフィーと一緒に自然の中で過ごすコトが本当に楽しくて



もっと遠くに行けたらなぁ・・・と思ってしまったのだ










そしてそんなある日



車の中で寝ればいいじゃん







閃いた(笑)










車中泊という言葉も知らなかった私が妄想した



車中泊カー第一号は軽トラの荷台に寝る!



というモノでした・・・










現代版幌馬車で行こう!



みたいな感じです










しかし



実際の様子を頭の中でシュミレーションしていけば



いろいろと難があるコトが分かります










そこで私は「寝れる車」について興味を持ちました



キャンピングカーです



もともと寝れる(暮らせる)仕様となっている車が



どうなっているのか知りたくて



オートキャンパーを2年も定期購読してしまったのだ



そして



もちろん



キャンピングカーに憧れていました










いろいろと知っていくうちに



キャンピングカーのメリットデメリットが見えてきて










やっぱりキャンピングカーじゃない・・・










と思ったのが2005年の暮れ










理由はいろいろあるのですがザックリ言うと



私が求めている



ダフィーと一緒に旅をする車というのは



キャンピングカーではないと確信してしまったから










自作するぞー!










よう~やく方向性が決まって



新たな勢いにノリノリだったあの頃がとても懐かしい♪










エンジン・オルターネーター・積載量を考えると



軽1BOXの大きさで普通車がイイというように



好みの車が限定されてきたけれど



そうなるとアトレー7か



ドミンゴぐらいしか選択肢はないのであった・・・










FFヒーターとサブバッテリーシステムを



最初から付けるつもりだったからね♪










サンルーフが開く!



というのが決定的だったスバルドミンゴ



巡り会った時には既に爺さんだったドミンゴに



あれこれ手を入れるとぐんぐん調子が良くなっていった



そして



秘密基地のような旅の車を作っていくのは



本当に楽しく夢のようなひとときだったのだ










あれよあれよと準備が整い



2006年の早春










初車中泊を決行!










とりあえず寝る練習だったけれど



その時の感動は忘れられない










寒くて寒くて凍える夜だったのに



怖くてFFヒーターのスイッチを入れるコトが出来なかった私・・・(笑)




















16121402.jpg



















スポンサーサイト
プロフィール

晴れ旅

Author:晴れ旅
★★★★★★★★★★★★★★★★



犬と暮らす旅

犬と楽しむ旅



ワイヤーフォックステリアの

旅犬隊長DUFFYと一緒に

愉快な車中泊旅やキャンプ

お出かけの様子

その他いろいろ( ´艸`)



考えに考えに考えて

車を工夫したり改造したり

旅道具を選んだり



不自由なところもあるけれど

それがまた楽しい♪



コツコツと自分の手で作った愛車で

愛犬ダフィーと旅をして

一緒に眠れる幸せ



★★★★★★★★★★★★★★★★






車椅子の練習





謎の水棲獣ダッシー( ´艸`)

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ